一般ランクの法人カードを比較するなら、この項目が非常に大事です

一般ランクの法人カードを比較しよう!

一般ランクの法人カードを比較しよう!

年会費が安く、所持しやすいことでも知られる一般ランクの法人カード。

安い一般法人カードを探してしまうばかりに、その他にもある比較するべき項目をないがしろにしてしまってはいませんか?

そんなあなたに向けて、一般法人カードを比較する際に重要視していただきたい項目を一挙紹介。
年会費以外で比較するべき項目が何なのか知ることが出来るでしょう。

さらに、一般ランクの中でも特におすすめの法人カードを3枚徹底比較します。
それにより、あなたに最もマッチした一般法人カードに巡り合えると思いますよ。

それでは、一般法人カードを比較する際に注目していただきたい項目の紹介を中心的に行います!

一般ランクの法人カードの特徴とは

一般ランクの法人カードの特徴

一般法人カードと聞いて一番に思い浮かべる特徴は、「低年会費」ではないでしょうか。

多くの一般法人カードは、年会費が1,000円~2,000円と非常に格安。
そのため、気軽に導入を検討できるのが最大の魅力となります。

さらに、一般法人カードの中には年会費が無料のものも存在するのです!
経理業務を簡略化できる法人カードが無料で利用できるというのは、とても嬉しいのではないでしょうか。

また、一般法人カードは、比較的審査に通りやすいことでも有名です。
なので、法人カードの審査に通る自信が無い方は、積極的に一般法人カードを申請してみるのも、アリだと思いますよ。

そして、一般法人カードの凄いところが、ポイントやマイル還元率が低いものばかりではないというところです。
一般法人カードの中には、なんとマイル還元率最大1.0%を誇るものも存在します!

したがって、年会費のみを比較してその他の項目を比較しないと、優れた性能を持つ一般法人カードを逃してしまうかもしれませんよ!

どの項目を重点的に比べるべき?

どの項目が重要?

一般法人カードを比較する際に、どの項目を重点的に見るべきかご存知でしょうか。

きっと多くの方は、特に年会費を中心的に比較すると思います。
ですが、付帯サービスやポイント還元率などの項目も比較することで、よりベストマッチする一般法人カードに巡り合えるはずです。

それでは、一般法人カードを比較する上で重要視していただきたい項目を一つずつ紹介していこうと思います。

年会費を比べよう!

年会費を比べよう!

きっと皆さんご存知だと思いますが、年会費は非常に重要な比較項目になります。。

多くの方が、かかる経費は出来るだけ抑えて事業にお金を使いたいはずです。
そんな方にぴったりなのが、低年会費である一般法人カードとなります。
なぜなら、一般法人カードは、1,000円~2,000円ほどに年会費を設定してるからです。

さらに、一般法人カードの中には、なんと年会費が永久無料のものも!
コストゼロで法人カードを導入できれば、それ以上に嬉しいことは無いですよね。

出来る限り安い年会費の法人カードを導入するためにも、一般ランクの法人カードの年会費はきっちりと比較するようにしましょう。

審査通過率も重要なファクター

審査通過率も重要なファクター

審査通過率も、一般ランクの法人カードを比較する上で外すことが出来ない項目となります。

審査通過率とは、新規で申し込んできた方の中でどれほどの方が審査に通ったかを表すパーセンテージのこと。
例えば、ある法人カードに100人が申し込み50人が審査に通ったとすれば、その審査通過率は50%となるのです。

ただなぜ、審査通過率を比較しなければいけないのか、いまいちピンと来ていない方も多いと思います。
その理由が、それを比較しなければもしかすると審査が厳しい一般法人カードに申請してしまうかもしれないためです。

その結果審査に通ることが出来ず、法人カードを手にする機会を逃してしまうかもしれません。

そうならないために、審査通過率の項目を比較することで、より審査に通りやすい一般法人カードを選ぶことが出来るようになると思いますよ。

付帯サービスも重要視すべきです

付帯サービスも重要

付帯サービスも比較することで、よりあなたに合った一般法人カードに巡り合える可能性が出てきます!

もしかすると、一般ランクの法人カードだからと付帯サービスを侮っている方もいるかもしれませんね。
しかし、一般法人カードの中には、全国にあるレストランやホテルを優待価格で利用できるサービスが付帯するものも存在します。

そして、そのサービスの利用回数はなんと無制限!
例えば月に複数回接待がある方でも、そのたびに経費削減を狙うことができるのです。
したがって、「一般法人カードだから付帯サービスは比較しなくていいでしょ」と侮るのではなく、しっかりとそこも比較するようにしましょう。

それにより、あなた好みの付帯サービスがある一般法人カードに出会えるかもしれませんね。

利用限度枠は非常に大事!

利用限度額も大事

利用限度枠も一般法人カードを比較する際に重要視したい項目です。
というのも、一般法人カードは比較的利用限度枠が低く設定されているからです。

例えば、ある一般法人カードは100万円程度しか利用限度枠が設けられていません。
ただその一方、一般ランクとは思えない250万円という金額に設定している法人カードも存在します。

また、ご自身がどれほど経費を利用するのかシミュレーションにて算出しておくことも非常に大切です。
それにより、あなたに合った利用限度枠を設けている一般法人カードを比較する事ができると思いますよ。

したがって、一般法人カードを導入する際は、利用限度枠もしっかりと比較するようにしましょう。

おすすめの3枚を徹底比較!

おすすめの3枚を徹底比較!

ここまでで、一般法人カードが有する特徴や、導入する際に比較するべき項目について分かっていただけたと思います。

そこで、一般法人カードの中でも特におすすめの3枚を厳選。
各一般法人カードの性能を比較表にて比較していこうと思います。

法人カード名 NTT Biz カード
レギュラー
JCB一般法人カード 三井住友 for Owners
クラシック
券面 NTTBizカードレギュラー JCB一般法人カード 三井住友 for Owners クラシック
年会費 永年無料 1,250円 1,250円
審査の通りやすさ
ポイント還元率 1.0%(常時) 最大0.75% 0.5%(常時)
マイル還元率 最大0.4% 最大0.45% 最大0.3%
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 最高3,000万円 最高2,000万円
国内旅行傷害保険 最高2,000万円 最大3,000万円 なし
ショッピング保険 最高100万円 最高100万円 最高100万円
追加カード年会費 無料 1,250円 400円
備考(付帯サービス) WEB明細VISAビジネスオファー 優待利用
(ホテル・レストランなど)
VISAビジネスオファー

一般法人カードで比較していくのが、「NTTBizカードレギュラー」、「JCB一般法人カード」、「三井住友 for Owners クラシック」の3枚となります。

まず審査の通りやすさに関してですが、「JCB一般法人カード」や「三井住友 for Owners クラシック」は審査に通りやすいという情報が多くあります。

ただ、NTTBizカードレギュラーは発行開始から間もないため、審査に関する情報が薄いです。
そのため、審査の通りやすさを△として掲載いたしました。

しかし、一般ランクの法人カードのため、比較的審査には通りやすいかもしれません。

また、各法人カードには一般ランクとは思えない優秀なサービスが付帯。
VISAビジネスオファーは、厳選されたホテルやレストランを優待価格で利用できるというものになります。

導入しやすい一般法人カードだからといって、付帯サービスが充実していないというわけではないのです。

さらに、これらの一般法人カードは、旅行傷害保険が手厚いです。
そのため、出張で遠地へと向かう際にも、これらの一般法人カードを所持していれば安心感が違うと思いますよ。

一般ランクとは思えない性能を有しながらも低年会費であるこれらの一般法人カードは、コスパに優れた1枚をお探しのあなたにおすすめの3枚となります。

特におすすめの一枚は「NTTBizカードレギュラー」

NTTBizカードレギュラー

以上3枚の一般法人カードの中でも、特におすすめなのが「NTTBizカードレギュラー」となります。

この一般法人カードの年会費は、なんと永年無料!
条件を満たさないと年会費が無料にならない一般法人カードが多い中、この一枚は条件なしに年会費が無料となります!
経費をあまり使用したくない方にとっては、非常にありがたいのではないでしょうか。

さらに、この法人カードの凄いところが、ポイント還元率が常時1.0%となっている点です。
この数値は、数ある法人カードの中でもトップクラス。
永年無料の一般法人カードとは思えない還元率です。
そのため、所持しやすいだけでなく高い性能を誇るこの法人カードは、コスパに最も優れた法人カードと言っても過言ではありません。

また、他の法人カードには類を見ないサービスも付帯します。

それが、WEB明細編集サービスというものです。
このサービスは、なんと明細を10分割に細分化することが出来るというものになります。
例えば、公共料金用やオフィス家具用、ボールペンなどの消耗品用といったように、利用区分ごとで明細を分けることが可能です。
それにより、経費の計上などの経理業務がより効率的に行えるようになると思いますよ。

その他にも、一般法人カードとは思えない旅行傷害保険が付帯。
これ一枚を出張の際に持っていけば、安心感が違うことでしょう。

これらのように、年会費が永年無料なのにもかかわらず高い性能を誇るのが、コスパ最強の法人カードNTTBizカードレギュラーです。

さらに、今なら、新規入会者に向けたキャンペーンも実施しています!
是非この機会に、NTTBizカードレギュラーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

NTTBizカードレギュラーの詳細ページへ

ランキングから法人カードを選んでみる!

法人カードの中でも、最も種類が豊富に揃っているのが一般ランク。
今回は3枚の法人カードを紹介しましたが、実際はもっと多くの法人カードがあります!

もしも、一般ランクの法人カードが他にも気になる方は、以下にておすすめ順のランキングがあるので、そちらもご覧になってみてください!

一般ランキング

タイトルとURLをコピーしました