プラチナランクの法人カードを比較する際に重要視すべき項目とは

法人カードの最高ランク!プラチナランクを比較!

プラチナランクの法人カードを比較!

ステータス性を求めている方であれば所持しておきたいのが、プラチナ法人カードです。

所持しているだけでステータス性を誇示できるプラチナ法人カードですが、どんな項目を比較して選べばいいのかご存知でしょうか?

もちろん、ステータス性を基準にして法人カードを比較することも大事です。

ただ、プラチナ法人カードを比較するうえで注目するべき項目は他にもあるのです。
例えば、法人カードのポイント還元率マイル還元率、また利用限度額など多岐にわたります。

さらに、あなたが望むような付帯サービスがあるのか比較するのも非常に大切です。
「ステータス性だけを比較していたら、全然好みの法人カードではなかった」なんてことにもなりかねません。

そうならないためにも、プラチナ法人カードを比較する上で特に重要視していただきたい項目を一挙に紹介。
また、特におすすめのプラチナ法人カードを3枚比較&厳選しました。

今回は、それらのプラチナ法人カードの比較も行っていこうと思います!

このランクの法人カードが持つ特筆すべき特徴とは

プラチナランクの法人カードの特徴

プラチナ法人カードといえば、ステータス性に優れているというイメージを持っている方が多いと思います。

それもそのはず、法人カードのプラチナランクとは、クレジットカードでいうところのブラックランクにあたります。
そのため、ステータス性に優れているというイメージを持っている方が多いのも頷けます。

そして、プラチナ法人カードは、ステータス性に優れているという特徴のみではなく、付帯サービスが充実している特徴も持っています。
というのも、最高ランクの法人カードというだけあって、付帯するサービスも最高クラスのものばかりだからです。

例えば、あなたの要望に24時間365日応えてくれるコンシェルジュサービスから、最高級の空港ラウンジを利用するために必要な利用許可証のようなものの無料発行サービスが付帯します!

ちなみに、この利用許可証とはプライオリティパスと呼ばれているものです。
プラチナ法人カードであれば、基本的にプライオリティパスの無料発行サービスが付帯します!
なので、頻繁に出張がある方であれば、是が非でも手に入れたいはずです。

また、付帯する旅行傷害保険もトップクラス。
基本的に、最高補償額は国内外ともに5,000万円以上のものばかりで、なかには最高1億円補償してくれるものも存在します!

ここまで手厚い補償や充実したサービスが付帯するとなると、気になるのが年会費ですよね。
やはり、年会費もトップクラスに高額になってしまうものばかりです。
その金額は、平均して30,000円程度。
容易に導入を検討できないのが、少しネックになっています。

しかし、その年会費をカバーしても余りあるラグジュアリー感が、プラチナ法人カードが持つ一番の特徴となるでしょう。

これらの項目を重点的に比べましょう

重点的に比べる項目について

プラチナ法人カードの特徴について知ったところで、比較する際に重要視すべき項目について紹介していこうと思います。

これから紹介する比較項目を知っているか否かで、あなたにベストマッチしたプラチナ法人カードを見つけ出せるか変わってくると言っても過言ではありませんよ!

ステータス性を見極めよう!

ステータス性を見極めよう

プラチナ法人カードを比較する際に、あなたが最も注目する項目とはなんでしょうか?

きっと多くの方が、ステータス性を一番に比較したいはずです。
そのため当サイトでも、プラチナ法人カードを比較する際はステータス性を比較するべきと考えています。

それでは、そのステータス性はどのように比較すればいいのでしょうか。
その方法は非常にシンプル。
法人カード発行会社の認知度信頼性を比較するだけでいいのです。

例えば、三井住友のプラチナ法人カードと、あまり認知度がない発行会社のものを比較するとします。
そこで、認知度や信頼性がより優れているものと聞かれれば、きっと多くの方が三井住友のプラチナ法人カードと答えますよね。
それはつまり、三井住友の法人カードのほうがステータス性に比較的優れているということです。

このように、プラチナ法人カードのステータス性を見極める際は、発行会社の認知度や信頼性を比較するようにしましょう。
それにより、テータス性に優れた一枚にきっと巡り合えることができると思いますよ!

付帯サービスの比較は必須!

付帯サービスの比較は必須

基本的にプラチナ法人カードには、充実したサービスが数多く付帯します。
ただ、プラチナ法人カードによっては、あなたが欲しいサービスが付帯していないものがあるかもしれません。
そのため、「プラチナ法人カードだから、自分が欲しいサービスが付帯しているでしょう」と比較するのを怠ってはいけません。

そんなプラチナ法人カードの付帯サービスを比較する上で最も大切なことがあります。
それは、ご自身がどのような利用用途のもと、プラチナ法人カードを導入しようとしているか知ることです。

例えば、遠地へと出張が頻繁にある方であれば、出張時に役立つ空港ラウンジサービストラベルサポートなどのサービスが付帯していれば嬉しいですよね。
つまり、あなたがプラチナ法人カードの付帯サービスに求めるのは、出張時に活躍してくれるかどうかということです。

裏を返せば、空港ラウンジサービスの代わりにレストランの優待利用サービスが付帯していてもそこまで嬉しくはありませんよね。
このように、あなたがどのような利用用途のもとプラチナ法人カードの導入を検討しているか知ることが非常に重要。
それを知ることで、あなたにとって必要な付帯サービスを比較する事が出来ると思います。

これにより、ステータス性に優れているだけでなく、あなた好みのサービスが付帯した最高の法人カードに巡り合えることでしょう。

利用限度枠も重要なファクター

利用限度枠も重要

プラチナランクだからといって、全ての法人カードの利用限度枠が無制限という訳ではないのです。
多くのプラチナ法人カードは、平均して500万円程度が利用限度枠設として設けられています。
基本的には、十分すぎる程の利用限度枠が設けられていますよね。
そのため、きっと多くの方はこの利用限度枠に不満を抱くことは無いと思います。

ただ、莫大な経費を支払うためにプラチナ法人カード導入を検討しているという方もいるのではないでしょうか。
そのような方に比較していただきたいのが、導入を検討しているプラチナ法人カードの利用限度枠が、一律無制限かどうか。

また、一律無制限ではなかったとしても、審査によって利用限度枠が変動するプラチナ法人カードもあります。
なので、巨額の経費を支払う予定がある方は、利用限度枠が一律無制限になっているかどうか、審査によって利用限度枠が変動するかどうかを比較するようにしましょう。

この比較作業を経ることで、利用限度額に不満一つないプラチナ法人カードに巡り合えることが出来ると思いますよ!

コスパが優れた一枚を!

コスパが優れた一枚を!

基本的に高年会費となってしまうプラチナ法人カード。
「出来れば安いプラチナ法人カードのほうがいい」と思う方は少なくないのではないでしょうか。

一般的なプラチナ法人カードの年会費は30,000円から50,000円程度となります。
なので、この金額を基準にプラチナランクにしては年会費が安いのか比較していただければと思います。

また、プラチナ法人カードにある程度のコストパフォーマンスを求めている方であれば、ポイント還元率やマイル還元率を比較することも大切です。
というのも、法人カードでいう「コスパに優れている」というのは、低年会費で高還元率を誇るものに対して言われるためです。

例えば、プラチナランクの中には、年会費が20,000円と比較的安くマイル還元率が1.125%の法人カードがあります。
このようなプラチナ法人カードが、比較的コスパに優れていると言われるのです。
なので、コスパに優れたプラチナ法人カードかどうかは、この年会費とマイル還元率をもとに比較するといいかもしれませんね。

したがって、プラチナ法人カードにコスパを求める方であれば年会費が比較的安めか、ポイント還元率やマイル還元率が優れているかを比較するようにしましょう。

プラチナランクでも優れた法人カード3枚を徹底比較!

プラチナランクの法人カード3枚を比較

プラチナ法人カードの特徴や、特に重点的に比較するべき項目について分かっていただけたと思います。

ここからは、実際にステータス性に優れたプラチナ法人カードを3枚比較表にて紹介していこうと思います。
以下の比較表を見れば、あなたに合ったプラチナ法人カードに巡り合えるかもしれませんよ!

法人カード名 セゾンプラチナ・ビジネス・
アメックス
三井住友 for Owners プラチナ JCBプラチナ法人カード
券面 セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス 三井住友 for Owners プラチナ JCBプラチナ法人カード
ステータス性
年会費 20,000円 50,000円 30000円
ポイント還元率 最大0.5% 最大0.5% 最大0.85%
マイル還元率 最大1.125%(JAL) 最大0.3%(ANA) 最大0.3%(ANA・JAL)
利用限度額 利用者による 200~500万円 利用者による
海外旅行傷害保険 最高1億円 最高1億円 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 最高1億円 最高1億円
ショッピング保険 最高300万円 最高500万円 最高500万円
追加カード年会費 3,000円 5,000円 6,000円
空港ラウンジ 世界1,200ヶ所(プライオリティパス) 世界1,200ヶ所(プライオリティパス) 世界1,200ヶ所(プライオリティパス)
備考(付帯サービス) コンシェルジュサービス プラチナグルメクーポン
コンシェルジュサービス
グルメベネフィット
コンシェルジュサービス

当ページで比較するプラチナ法人カードは、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」、「三井住友 for Owners プラチナ」、「JCBプラチナ法人カード」の三枚となります。

以上の比較表を見ていただくと、どのプラチナ法人カードも、コンシェルジュサービスとプライオリティパスの無料発行サービスが付帯する事が分かると思います。

コンシェルジュサービスとは、24時間365日あなた専用のコンシェルジュが、あなたの要望に応えてくれるというもの。
急なセッティングが生じても、あなたの代わりにホテルやレストラン、さらには会議室まで手配してくれます。
忙しいビジネスマンにとっては、一度この便利さを知ってしまうと離れることが出来ないようなサービスとなっています。

また、プライオリティパスとは、世界1,200ヶ所以上にある高クオリティ空港ラウンジを利用するための通行証のことです。
ちなみに、本来であれば、その値段は約47,000円となります。
これらのプラチナ法人カードには、なんとこのプライオリティパスの無料発行サービスが付帯するのです。

そして、この比較表の中でもひと際目立つのが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスのJALマイル還元率ではないでしょうか。
その数値は、最大1.125%。
全法人カードの中で、最高峰のマイル還元率となります。

以上のように、さすがプラチナ法人カードといった付帯サービス・マイル還元率・旅行傷害保険を有するのが、これら3枚のプラチナ法人カードとなるのです。

最もおすすめの1枚は「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

プラチナ法人カードの中でおすすめのものを3枚比較しましたが、その中でも特に推したいのが「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」となります。

この法人カードは、年会費が20,000円とプラチナランクの中で最安値。
さらに、この法人カードを年間200万円以上利用する方であれば翌年の年会費は半額になります。
つまり、たった10,000円でプラチナ法人カードを所持することができるのです!

また、年会費が比較的安めというだけでなく、このプラチナ法人カードにはコンシェルジュサービスやプライオリティパスの無料発行サービスなど最高級のサービスが付帯します。
そのため、一流ビジネスマンであるあなたの最高のパートナーになることでしょう。

加えて、法人カードでは珍しいキャッシング機能も利用できます。。
キャッシングで利用できる最高額は50万円と、ある程度余裕があります。
さらに、海外で利用することも可能で、なんと現地通貨での引き出しが可能です。
したがって、海外出張中、急に現金が必要になってしまったときでも安心できるでしょう。

そして、マイル還元率は全法人カードの中でNo.1。
なんと、驚異のJALマイル還元率最大1.125%となります!

例えば、年間で400万円以上を利用する方であれば、45,000ものマイルを貯めることが出来ます。
ちなみに、このマイル数は、日本<=>ハワイ間の往復航空券に交換できるほど!
経費の支払いでこのプラチナ法人カードを利用するだけで、ここまでのマイルを貯められる可能性があるというのは魅力的だと思います。

そんなセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは、なんと今なら新規入会者に向けてお得なキャンペーンを実施しています!

それが、最大65,000円分のポイントを贈呈しているというものです。
この機会に、是非セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの導入を検討してみてはいかがでしょうか!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの詳細ページへ

タイトルとURLをコピーしました