マイル還元率に優れた法人カードを比較する際の重要項目について

マイル還元率に優れた法人カードを比較しよう!

マイル還元率に優れた法人カードを比較!

出来るだけ高いマイル還元率を有する法人カードが欲しいため、その項目のみを比べようとしていませんか?

しかし、マイル還元率だけが良い法人カードではいけません。
それだけだと、マイル以外の性能面であなたに合っていない法人カードを導入してしまうかもしれないのです。

当ページでは、マイル還元率に優れた法人カードを比較する際に注目していただきたい項目について解説しています。
例えば、利用限度額などがあなたに合っていなければ、使いにくい法人カードを選択してしまうことになります。
さらには、低年会費にも関わらず、マイル還元率が高く付帯サービスが充実した法人カードを見逃してしまうなんてことも!

そうならないためにも、法人カードを比較する際は、マイル還元率のみを比べるということは止めましょう。
マイル還元率が高い法人カードを比べるなら、その他にもある重要項目の比較を怠らないようにしましょうね!

高還元率を実現するための方法とは?

高還元率を実現するための方法

法人カードでマイルを貯める方法は3つあります。
それが、「ポイントからの移行」・「飛行機の利用」・「ボーナスマイル」となります。

実はこれらの中で、法人カードのマイル還元率を最も比較的効率よく貯められる方法があるのをご存知でしたか?

その方法が「ポイントからの移行」です!
その理由は、法人カードによって違うポイントの貯まりやすさが影響するためです。

例えば、1,000円で1ポイント貯まり、そのポイントを5マイルへと交換できる法人カードがあったとするとそのマイル還元率は0.5%。

加えて、法人カードによってはある条件を達成することで、貯まるポイントが数倍になるサービスもあります。
それによって、貯められるマイル数も数倍に膨れ上がるのです!
つまり、先ほどの例でいうと、マイル還元率が1.0%やそれ以上になることも!

したがって、マイルを比較的効率よく貯めるには、ポイントからのマイル移行が必須になってくるのです。

ポイントからマイルへ移行する際の手数料を比べよう!

ポイントからマイルへの移行手数料

マイル還元率が優れた法人カードを比較したいあなたに、是非比べていただきたい項目がポイントからの移行の際にかかる手数料の違いです。

例えば、ANAマイルへの移行に年間で3,000円掛かる法人カードもあるのですが、一方でその手数料を無料としているものも存在します。
そのため、移行手数料を比較することによって、よりお得にマイルを貯めることができる法人カードと巡り会えることが出来るでしょう。

また、法人カードを比較してみると、ポイントからマイルへの移行に上限を設けているものもあるのが分かります。
なので、しっかりと上限の有無を比較するのも非常に大切になってきます。
というのも、せっかくポイントをたくさん貯めたのに、上限によりマイルへと移行することが出来なくなってしまったら本末転倒だからです。
そのような事態を防ぐためにも、ポイントから移行する際の上限マイル数も比較することをおすすめしますよ。

ちなみに、移行上限はポイントに設けられているものや、マイルに設けられているものなど法人カードによって様々です。
さらに、上限が年間でかかってくるのか月間でかかってくるのかも法人カードによって違います。

したがって、移行上限が何に設けられているのか、また年間 or 月間でかかってくるのかしっかりと把握してから比較していくことをおすすめします。

旅行傷害保険の手厚さも大事な比較項目です

旅行傷害保険も大事な比較項目

マイル還元率が高い法人カードを比較する上で、旅行傷害保険を比べるのも大切になります。
というのも、マイル還元率を法人カードの中で最も重要な比較項目に挙げる方であれば、飛行機に乗って遠地へと向かう機会が多い方になると思うからです。

例えば、出張などで遠く離れた場所へ向かう際に、不慮の事故などで入院しなければならなくなったとします。
そういったときに、充実した旅行保険が付帯しているかどうかで安心できる度合が変わってくるはずです。
そこで、国内海外問わず最高1億円の補償が付帯した法人カードを所持していれば、比較的安心できますよね。
したがって、法人カードを比較する際は、旅行傷害保険もきっちりと比べるようにしましょう。

加えて、旅行傷害保険を比較する際に注目していただきたいのが、各法人カードが有する旅行傷害保険の補償内容です。
というのも、その補償内容は法人カードによって多種多様だからです。
また、導入を検討している法人カードのランクによっても変わってきます。

そのため、マイル還元率に優れた法人カードを比べる際は、補償内容の違いを把握したうえで旅行傷害保険を比較するようにしましょう。

空港ラウンジが利用できる法人カードを!

空港ラウンジが利用できる法人カードを!

空港ラウンジの利用サービスが付帯するかどうかも、マイル還元率が高い法人カードを比較する上で大事な項目となります。

この空港ラウンジのサービスですが、基本的にゴールドランクの法人カードであれば付帯します。
ただ、飛行機を頻繁に利用する方であれば、プライオリティパスの無料発行サービスの有無はしっかりと比較したいところです。

プライオリティパスとは、上質な空港ラウンジを無料で利用できるようになるというもの。
このプライオリティパスが付帯しているかで、空港での待ち時間をより優雅に過ごせるかどうかが変わってくると言っても過言ではありません。
というのも、プライオリティパスで利用できる空港ラウンジは、ゴールドランクの法人カードに付帯する空港ラウンジサービスよりも比較的クオリティが高いです。

さらに、利用可能国も一般的なゴールド法人カードが国内・海外合わせて30ヶ所程度なのに対して、プライオリティパスではなんと世界1,200ヶ所以上で利用できます!

また、ゴールドカードに付帯する空港ラウンジは入国審査前にあるのに対して、プライオリティパスの空港ラウンジは利用可能な場所が入国審査後にあります。
そのため、搭乗時刻のギリギリまで快適な空間で過ごすことが可能ですよ。

したがって、特に飛行機を利用しての移動が多い方であれば、プライオリティパスが付帯している法人カードかどうかを比較するようにしましょう!

その他の重要視すべき項目とは?

その他の項目とは

マイル還元率が優れた法人カードを比較するのであれば、充実したトラベルサービスが付帯するかどうか比べるようにしましょう。

例えば、法人カードの中には、ショッピング保険や手荷物宅配サービスなどが付帯しているものもあります。
これらの中でも、キャリーケースなどの手荷物を空港から自宅へ送ってくれる手荷物宅配サービスは嬉しいサービスですよね。

また、ショッピング保険が付帯していれば、出張先で購入したものを壊してしまったり、無くしてしまったりしたとしても補償してくれます。
「せっかく購入したのに、すぐ壊してしまってとても悲しい…」と言った時に、ショッピング保険が補償してくれるので、比較的安心できるのではないでしょうか。

そのため、マイル還元率を比較するとともに、以上のサービスが付帯するかどうかもしっかりと把握しておくようにしましょう。

加えて、マイル還元率を比較するばかりに、根本の基本性能を見落としていてはいけません。
それにより、マイル還元率だけが良い使いにくい法人カードを導入してしまう可能性もあります。
そうならないために、法人カードの基本性能として比較していただきたいのが、「年会費」「利用枠」になります。
というのも、マイル還元率が高い法人カードは比較的、年会費も高くなる傾向にあるからです。
なので、「マイル還元率は気に入ってるけど、高年会費なところが少し気になる」といったことにもなりかねません。

ただ、法人カードの中には、マイル還元率に優れている一方で、年会費が安いものも存在します。
したがって、マイル還元率を比較しつつ、ご自身の状況に合わせて許容できる範囲の年会費である法人カードをピックアップするのがおすすめです。

平行して、利用枠の比較も忘れてはいけません。
ここの比較を疎かにしてしまうと、「マイル還元率が良い法人カードを導入したけど、利用枠が全然足りなくて正直使えない…」となってしまうかも。

このような事態を防ぐためにも、マイル還元率が高い法人カードを比較する際にはご自身の利用状況にあった法人カードを比べるようにしましょう。

マイル還元率に優れた法人カードを徹底比較!

マイル還元率に優れた法人カードを徹底比較!

ここまでで、マイル還元率に優れた法人カードを選択する際に、どんな項目を比較すればいいのか分かっていただけたと思います。

それでは、ここでマイル還元率が高くて、なおかつ優れた性能を有する法人カードを3枚厳選して比較していこうと思います!

法人カード名 セゾンプラチナ・ビジネス・ア
メックス
アメックス・ビジネスゴールド ANA法人ワイドゴールドカード
券面 セゾンプラチナ.ビジネス・アメックス アメックス・ビジネスゴールド ANA法人ワイドゴールドカード
マイル還元率 最大1.125%
(JALマイル)
1.0%(ANA) 1.0%(ANA)
移行手数料 無料 3,000円
(年間利用料)
無料
移行上限 JALマイル年間
150,000マイルまで
ANA40,000
マイルまで
上限なし
年会費 20,000円 31,000円 19,000円
空港ラウンジ プライオリティパス 空港ラウンジ
国内28ヶ所・海外2ヶ所
空港ラウンジ
国内30ヶ所・海外2ヶ所
旅行保険 海外最高1億円
  国内最高5,000万円
海外最高1億円
  国内最高5,000万円
海外・国内最高
5,000万円
利用限度額 制限なし 制限なし 250万円

当ページで比較するのは、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」、「アメックス・ビジネスゴールド」、「ANAワイド法人ゴールド」の3枚となります。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」の最大の特徴は、何と言ってもマイル還元率になります。
この法人カードの還元率は、驚異のJALマイル最大1.125%!
全法人カードの中で最高峰のマイル還元率です。

さらに、付帯サービスも比較的充実しています。
質の高い空港ラウンジが利用できるようになる「プライオリティパス」の無料発行サービスも付帯します。
このプライオリティパスがあれば、出張前にちょっと早めに空港についてしまった時でも、居心地が良い空間にて優雅な待ち時間を過ごすことが出来るでしょう!

続いてが、「アメックス・ビジネスゴールド」。
この法人カードは、先ほどの一枚とは違いANAマイルの還元率に優れています。
その数値は、最大1.0%です!
そのため、ANAを頻繁に利用して出張に行く方であれば、トップクラスのスピードでマイルを貯められます。

また、この法人カードの表面に描かれている「センチュリオン」はステータス性を示したいときにもってこいです。
誰もが知っている高貴な法人カードとして、接待の場でも活躍すること間違いないでしょう!

最後の一枚が、ANAマイルを貯めることに特化した法人カードである「ANAワイド法人ゴールド」です。
この法人カードのANAマイル還元率は、最大1.0%になります。

そして、この法人カードの目を引く特徴が、その入会特典や継続得点によるマイルボーナス。
入会時と1年間の継続時に合わせて、なんと20,000ものANAマイルを獲得できるのです!

このマイル数は、東京<=>大阪間の往復航空券を2回交換できるほどのマイル数となります。
入会して持ち続けるだけで、これだけのマイル数が手に入るのは嬉しい限りですよね。

以上が、マイル還元率が優れた法人カードを比較したいあなたに、特におすすめしたい3枚となります。

おすすめの一枚は「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」

セゾンプラチナ.ビジネス・アメックス

以上の3枚を比較していただいたところで、当サイトが特におすすめしたい法人カードが「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」となります。

この法人カードの最大の魅力は、言わずもがなJALマイル最大1.125%もの還元率を誇る点でしょう。
この還元率は、なんと全法人カードの中でもNo.1。
最もJALマイルを貯めることができる法人カードということです。
そのため、JALを頻繁に利用して出張に行く方であれば、是が非でも手に入れたい法人カードなのではないでしょうか。

また、付帯するサービスも比較的優秀なものばかりを揃えております。
その付帯するサービスの中には、プライオリティパスの無料発行サービスも含まれています。
そして、プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ内では、フリードリンクが用意されているのはもちろんのこと、新聞や雑誌、快適なネット環境も完備しております。
なので、早めに空港に着いても大丈夫です。
搭乗時刻までの時間を、居心地よい空間で優雅な待ち時間にすることができるでしょう。

さらには、国内を含めた旅行傷害保険が非常に手厚いです。
その補償金額は、海外で最高1億円、国内で最高5,000万円となります。
ここまで手厚い旅行保険が付帯すると、出張中に不慮の事故に遭って入院してしまっても非常に安心できますよね。

万が一のことがあっても安心が保証されたこの法人カードは、マイル還元率を比較したいあなたにぴったりな一枚となるのではないでしょうか。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの詳細ページへ

タイトルとURLをコピーしました