年会費無料の法人カードを徹底比較!有料との違いも紹介!

年会費が無料の法人カードを徹底的に比較!

年会費が無料の法人カードを比較!

コストゼロで導入することができる年会費無料の法人カード。

「年会費無料の法人カードを比較して、最高の1枚に出会いたい!」と強い希望を持っている方は多いと思います。

そんなあなたに向けて、当ページでは年会費無料の法人カードを比較する際に注目していただきたい項目を紹介します。
それらの項目を比較することで、あなたに最もマッチした年会費無料の法人カードに巡り合えるでしょう。

また、年会費無料の法人カードを導入するメリットや、有料のものと比較することでその違いを紹介しています。
それにより、年会費無料の法人カードを比較する上で大切な予備知識も知ることが出来るはずです。

加えて、年会費無料の法人カードの中でも、比較的優秀な3枚を厳選&比較しています。
そのため、きっとあなたが望むような年会費無料の法人カードに巡り会えるはずですよ。

それでは、年会費無料の法人カードを導入することで得られるメリットから紹介していこうと思います。

導入すればどのようなメリットがあるのか

メリットについて

年会費無料の法人カードを導入するメリットは、言わずもがなコストゼロで導入できる点です。

それに加えて、年会費無料の法人カードであれば経費に計上する必要が無いというのも大きなメリットになると思います。
というのも、その作業が必要ないというのはつまり経理業務の簡略化に繋げられるためです。
そのため、年会費無料の法人カードを導入すれば、手間や時間的なコストもかかることがありません

また、二枚目に年会費無料の法人カードを導入すれば、急な出費に対応できるようになるでしょう。
一枚目の法人カードの利用限度枠がいっぱいになった時に、急に経費として支払わなければならないものが出てきてしまうととても困ってしまいますよね。

ただ、法人カードを二枚所持していれば、一枚目の法人カードを使用できない際に生じた突発的な支払いにも対応できるのです。
なので、メインの法人カードのサブカードとして、年会費無料の法人カードを導入するのはおすすめです。

さらに、年会費無料の法人カードの中には、追加カードを発行できるものがあります。
そのような法人カードであれば、コストゼロで従業員に法人カードを持たせることが出来ます。
それにより、従業員の方に経費の支払いなどを分担できるようになるため、今までかかっていた手間や時間を省けるでしょう。

これらのように、年会費無料の法人カードは痒いところに手が届くようなメリットを提供してくれるのです。

年会費無料と有料の違いについて

有料との違いについて

年会費無料と有料の法人カードで比較すると、どのような違いがあるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。

基本的に、年会費が有料のものは付帯サービスや旅行傷害保険、ポイント還元率など性能面に比較的優れています。
そして、その性能は年会費の金額が上がるのに比例して高くなっていきます。
なので、比較する際に性能面に重きを置く方であれば、年会費が比較的高い法人カードを導入するのがいいでしょう。

一方で、年会費無料の法人カードはコストが掛からないのが最大の特徴であり魅力となります。
やはり、コスパを気にしている方であれば、年会費無料の法人カードというのは非常に魅力的だと思います。
しかし、性能面に関しては年会費が有料のものと比較すると、どうしても劣ってしまいます。

そのため、「法人カードをとりあえず所持してみたい!」といった方や、「メインのサブカードとして検討している」といった方におすすめしたいのが、年会費無料の法人カードとなります。

キャンペーンやポイント還元率はキーファクター

キャンペーンやポイント還元率はキーファクター

年会費無料の法人カードは、基本的に条件をクリアすることで年会費無料にすることができるものが大半です。

そのような、条件をクリアすることで年会費無料になる法人カードにおいて、キャンペーンやポイント還元率は非常に重要な比較要素となります。

例えば、ある法人カードは入会キャンペーンで最大7,000円分のギフト券を贈呈。
この法人カードの年会費は1,250円となるため、実質5年分の年会費をキャンペーンで無料にすることができます。

また、数ある法人カードの中には、非常に高いポイント還元率が功を奏し年会費が実質無料になるものもあります。
ちなみに、その法人カードは、年間で50万円を利用することにより還元されるポイントで年会費を相殺することが可能です。

したがって、キャンペーンやポイント還元率を比較する事で、実質年会費無料の法人カードに巡り合うことが出来ると思います。

比較するべき項目とは

比較するべき項目とは

ここまでで、年会費無料の法人カードを導入することで得られるメリットや、実質無料にするために重要な比較要素について紹介しました。
それにより、年会費無料の法人カードを比較するならどこを重要視しなければいけないのか分かったと思います。

ここからは、年会費無料の法人カードを比較する上で特に大事な項目を紹介します。
これから紹介する項目を知っているかで、理想的な法人カードに巡り合えるか変わってくると言っても過言ではありませんよ!

年会費は最重要な比較項目です

年会費は最重要な比較項目

ご自身が導入を検討している法人カードが永久的に年会費無料なのかは比較するようにしておきましょう。
というのも、条件をクリアしなければ年会費無料にできない法人カードは、その条件のハードルが高かったり永久的に無料にできなかったりするものが多いです。
「実質年会費無料になると聞いて導入したのに、条件クリアが厳しくて結局年会費を支払ってしまっている」といったことにもなりかねません。
そうならないために、年会費無料にするための条件も比較するようにしましょう。

ちなみに、中には、年に一度利用するだけで年会費無料になるという非常に珍しい条件を設けている法人カードもあります。

そのため、永久的に年会費無料になるか比較するだけでなく、どのような条件が設けられているか比較するのもとても大切だと思いますよ!

利用限度枠もしっかりとチェック!

利用限度額もチェック

年会費無料の法人カードを比較する上で、利用限度枠もとても大切な比較項目となります。

年会費無料の法人カードは、基本的にその他のものと比較して利用限度枠が低く設定されています。
そのため、年会費無料の法人カードを導入したはいいけど、利用限度枠が低すぎて使い勝手が悪いといったことになるかもしれません。
そうならないために、しっかりと利用限度枠は比較するようにしましょう。

また、そこで大事になのが、ご自身が毎月・毎年いくらくらいの経費を使用しているのか把握すること。
利用している経費を、シミュレーションなどで算出しておくことをおすすめします。

例えば、年に200万円を経費として支払っていると分かったとすると、利用限度額がそれ以下の法人カードは比較対象から外すべきですよね。

このように、シミュレーションをもとにして、ご自身の利用限度額に合った年会費無料の法人カードを比較することがとても大事なのです。

追加カードが発行できるか比べよう!

追加カードが発行可能か比べよう

追加カードが発行できるかどうかも、年会費無料の法人カードを導入する上で重要な比較項目となります。
なぜかというと、追加カードが発行できれば、さらに経理業務の簡略化を図ることができるからです。

というのも、追加カードを発行できれば、その法人カードを従業員の方に持たせることが出来ますよね。
そのため、今まで経費の仮払いや立て替えなどを現金で行っていた方であれば、追加カードによりその手間やお金を削減することができるのです。

また、経費での支払いを他の従業員の方に任せることができるため、その際に掛けていた手間や時間も省くことが出来るでしょう。

したがって、年会費無料の法人カードを導入する場合は追加カードが発行できるかも比較することで、より経理業務の簡略化が図れるかを判断するようにしましょう。

年会費無料の法人カードを3枚比べてみよう!

年会費無料の法人カードを比べてみよう

多くのメリットを有する年会費無料の法人カードですが、ここからは特におすすめの三枚を比較することであなたに最もマッチした一枚を見つけていただこうと思います。

こちらが、各法人カードの性能を掲載した比較表となります。

法人カード名 NTTBizカードレギュラー ライフカードビジネス
ライト
セゾンパールアメックス
券面 NTTBizカードレギュラー ライフカードビジネスライト セゾンパール・アメックス
年会費 永年無料 永年無料 1,000円
(実質無料)
審査の通りやすさ
ポイント還元率 1.0%(常時) なし 最大1.0%
マイル還元率 最大0.4% なし 最大0.3%
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 なし なし
国内旅行傷害保険 最高2,000万円 なし なし
ショッピング保険 最高100万円 なし なし
追加カード年会費 無料 無料(3枚まで) なし
(ファミリーカードは有)
備考(付帯サービス) WEB明細利用サービス
・VISAビジネスオファー
なし レストランの
優待利用サービス

当ページで比較する年会費無料の法人カードは、「NTTBizカードレギュラー」、「ライフカードビジネスライト」、「セゾンパール・アメックス」の三枚となります。

NTTBizカードレギュラーとライフカードビジネスライトは、年会費が永年無料
年会費を無料にするための条件が設けられていないので、年会費を気にせず導入することが出来ます。

一方で、セゾンパールアメックスは年会費として、1,000円掛かってしまいます。
ただ、初年度は年会費無料であることに加え、年に1度でもこの法人カードを利用すれば、翌年も年会費無料にすることが出来ます。
このように、年会費無料にするための条件が設定されてはいるものの、その条件は比較的低いハードルとなっています。

また、各法人カードは審査が比較的甘いことで有名です。
特にライフカードビジネスライトとセゾンパールアメックスは、審査通過率に関するデータもあるみたいです。

その審査通過率が、ライフカードビジネスライトで約55%、セゾンパールアメックスで約50%となります。
つまり、2人に1人以上の方が、これらの法人カードの審査に通っているということですね。

一方で、NTTBizカードレギュラーの審査通過率は、△として掲載しました。
その理由は、この法人カードは、発行が開始されてから比較的日が浅いため。
それに伴い、審査通過率がデータとして取得できていないようなので、審査が甘いかわからないのです。
しかし、一般ランクの法人カードということもあり、審査の通りやすさはある程度保証されているのではないでしょうか。

これらのように、年会費無料なのにも関わらず多くの魅力的な特徴を揃えているのが、当ページでおすすめする3枚です。

おすすめの法人カードは「NTTBizカードレギュラー」です

NTTBizカードレギュラー

今回、年会費無料の法人カードを徹底比較したうえで、最もおすすめしたい法人カードが、NTTBizカードレギュラーとなります。

この法人カードの一番の魅力は、何といっても永久的に年会費無料になる点でしょう。

実質的に年会費無料にすることができる法人カードが多いなか、この法人カードは条件なしに年会費無料にすることが出来ます。

年会費無料にするために、条件に対して神経質になる必要がないというのはありがたいのではないでしょうか。

また、付帯サービスも充実。
この法人カードには、VISAビジネスオファーが付帯します。
VISAビジネスオファーとは、発行会社により厳選されたレストランやホテルを優待価格で利用できるというものです。

加えて、車での移動が多い方であれば非常に嬉しいガソリンの割引サービスも付帯します。
出光ステーションでこの法人カードを利用すれば、1ℓあたりなんと最大40円もの割引を受けられるのです。

ガソリンスタンドの会員カードでもここまでの割引サービスはありませんよね。

そのため、出張や車での営業、接待などで経費削減を図れるため、様々なビジネスシーンで活躍すること間違いないでしょう。

さらに、旅行傷害保険も国内外で最高2,000万円と比較的手厚いです。
年会費無料となると、旅行傷害保険などのサービスの質は低くなってしまうものですが、この法人カードはそんなことが無いのです。
なんと、ゴールドランクと比較しても見劣りしないほどの補償額となります。

ここまで、手厚い旅行保険が付帯していれば、遠地への出張の際もこれ一枚で安心できますね。

これらのように、年会費無料とは思えないほどの性能を有する法人カードがNTTBizカードレギュラーとなるのです!

NTTBizカードレギュラーの詳細ページへ

タイトルとURLをコピーしました