法人カード比較ガイド

法人カード比較ガイド

当サイトでは、「法人カードを比較したい!」と強い希望をお持ちの方に向けて様々な情報を多数掲載しています。

「比較する上で重要視するべき項目とは?」
「導入すればどんなメリットがあるの?」
「そもそも、法人カードって一体何?」
と、当サイトを訪れた皆さんの疑問は多岐にわたることでしょう。

そんな、皆さんの疑問を全て解決するのが当サイトとなります。
あなたが求めツ法人カード比較に関する情報が、きっと見つかるはずです。

さらに、徹底的に法人カードを比較した結果、導き出した最高の法人カード5枚も紹介。
この5枚を抑えておくだけで、あなたにベストマッチした法人カードに巡り合えるかもしれませんよ!

それでは、当サイトにてあなたが望む法人カード比較に関する情報を見つけていきましょう。

法人カードを徹底比較して導き出した最高の5枚を一挙紹介!

法人カードを比較して導き出した最高の5枚!

当サイトは、法人カードを17枚比較しております。
それにより、最高の法人カードを5枚厳選。
それら5枚の法人カードは、きっとあなたが望む性能を備えているはずです。

それでは、当サイトが自信を持っておすすめできる最高の法人カードを紹介します!

年会費が永久無料!「NTTBizカードレギュラー」

NTTBizカードレギュラー

年会費が永久無料の法人カード、NTTBizカードレギュラー。
条件を満たすことで実質無料にできる法人カードが多い中、条件なしに年会費無料にできる珍しい一枚となっています。

また、年会費が永久無料とは思えない性能を備えているのが、この法人カードの驚くべきところ。
例えば、ポイント還元率が常時1.0%と、有料年会費の法人カードを圧倒する
還元率を誇っています。

そのため、「年会費」という経費を掛けず、他の法人カードよりも経費削減を狙える一枚です!

また、付帯するサービスも比較的素晴らしいものばかり。
その中でも特に優れたサービスといえば、VISAビジネスオファーとなるでしょう。
汎用性が高いこのサービスは、日本全国にあるホテルやレストランを優待価格で利用できるようになるというもの。
なので、接待や出張の際に、経費削減の手助けをしてくれるサービスとなるはずです。

その他にも、独自のWEB明細編集サービスやガソリンの割引サービスが付帯するなど、比較的様々なビジネスシーンで活躍する法人カードとなるのです。

これらのように、年会費永久無料の一般法人カードとは思えない性能を誇るのがNTTBizカードレギュラーとなります。

NTTBizカードレギュラーの詳細ページへ

コスパ最強!「オリコExGoldForBiz」

オリコExGoldForBiz

コスパに優れた法人カードといえば、「オリコExGoldForBiz」に勝るものはありません。

この法人カードの一番の特徴は、何と言ってもポイント還元率でしょう。

全法人カードの中でも最高クラスである還元率は、最大で1.1%にもなります!
ちなみに、平均的な法人カードのポイント還元率は0.5%程度となります。
そのため、他の法人カードの2倍以上のポイントを貯められる可能性があるということ。
それにより、多くの備品やギフト券と交換できるようになるため、経費削減が最も図りやすい法人カードと言っても過言ではありませんよ。

また、付帯するサービスも比較的優秀です。
例えば、高級レストランを複数名で予約時、なんと1人分の料金を無料にしてくれる「招待日和」というサービスが付帯します!

さらに、経理業務の改善が図れるシステムの導入費18万円が無料になるサービスも付帯。
経理業務の簡略化に一役買ってくれる法人カードに、さらに経理業務をサポートしてくれるサービスが付帯します!
そのため、今まで余計にかかっていた経理事務関係の時間を大きく削減できることでしょう。

ここまで優れた性能を誇る法人カードとなると、気になるのは年会費ですよね。
このゴールド法人カード、なんと年会費が2,000円と非常に格安になっています!
一般ランクの法人カードと比較しても、遜色ないほどの低年会費です。
さらには、初年度の年会費が無料になります。

また、審査に比較的通りやすいということでも有名なため、所持するまでのハードルが低い法人カードとなっているのです。
驚くほど高性能な法人カードを、比較的お手軽に所持できる可能性があるというのは誰しも嬉しいのではないでしょうか。

したがって、法人カードをコスパの良さで比較したい方であれば、この一枚がベストソリューションとなること間違いなしです!

オリコExGoldForBizの詳細ページへ

最高のソリューションカード!「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

マイル還元率が全法人カードの中で最も高いセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは、あなたが探し求める1枚になる可能性が高いです。

この法人カードの年会費は20,000円とプラチナランクとしては比較的安い金額になります。
さらに、年間で200万円以上を利用する方であれば、半額の10,000円で所持することが出来ます。

また、この法人カードが持つ最大の魅力といえば、マイル還元率となるでしょう。
この法人カードのマイル還元率は、なんと最大で1.125%!
最もマイルが貯めやすい法人カードとなります。

さらに、比較的優れたサービスも付帯します。
その中でもひと際目を見張るのが、「コンシェルジュサービス」と「プライオリティパスの無料発行サービス」となります。

コンシェルジュサービスとは、あなた専任のコンシェルジュが年中無休で要望に応えてくれるという、比較的利便性が高いサービスの事です。
このサービスがあれば、忙しい時期に急なセッティングが入っても安心できることでしょう。

一方で、プライオリティパスとは、高級空港ラウンジが利用できるようになるというもの。
世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジを、自由に利用することが出来ます。
そのプライオリティパスを、なんと無料で発行するサービスが付帯します!

また、旅行傷害保険が比較的充実しているというのも特徴の一つです。
その内容が、海外で最高1億円、国内で最高5,000万円が補償されるというものになります。
不安な海外出張でも、これだけ手厚い保険が付帯した法人カードを所持していれば安心できるのではないでしょうか。

これらのように、非常に高いマイル還元率を有しながらも、比較的クオリティが高いサービスが付帯したセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス。
他と比較しても高い性能を誇る法人カードなため、特におすすめの一枚となります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの詳細ページへ

審査に通りやすいことで有名!「JCB一般法人カード」

JCB一般法人カード

スタートアップ段階の方など、審査に通るか不安がある方には「JCB一般法人カード」をおすすめします!

この法人カードは、審査に比較的通りやすいことが一番の特徴。
信頼できるサイトが発表した情報によると、なんと100人中60人の方が審査に通過したようです!

また、審査が比較的甘いという特徴だけでなく、ポイント還元率に優れている点も魅力の一つになるでしょう。
この法人カードのポイント還元率は、最大で0.75%と比較的高いです。
例えば、年間で100万円をこの法人カードで利用すれば、7,500ポイントも貯めることが出来ます!
容易に所持できる可能性があるこの法人カードで、これだけのポイントが貯められるというのはとても驚きですよね。

また、年会費も一般ランクの法人カードということで比較的安いです。
その値段は、年間1,250円と、あなたの経費を圧迫することはないでしょう。
さらに、初年度の年会費は無料になるため、「出来る限り年会費を払いたくない」という方にぴったりな一枚なのではないでしょうか。

そんなJCB一般法人カードですが、今なら新規入会者に向けてお得なキャンペーンを実施しています!
その内容が、最大7,000円分のギフト券を贈呈しているというもの。
そのため、このギフト券を活用すれば5年間も年会費を実質無料にすることが出来るのです!

加えて、初年度の年会費は無料になるため、上手くいけば最大6年間も実質無料にすることが出来ますね。
したがって、お得なこの機会に、この法人カードの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

ステータス性に優れた一枚!「アメックス・ビジネスゴールド」

アメックス・ビジネスゴールド

ステータス性に優れた法人カードといえば、アメックスが発行している「アメックス・ビジネスゴールド」。

認知度抜群のセンチュリオンが描かれた券面デザインは、あなたのステータス性を誇示するツールとしてもってこいです。
そのステータス性は、プラチナランクと比較しても引けを取りませんよ!

また、ステータス性に優れているだけでなく、比較的充実したトラベルサービスが豊富なのも魅力の一つとなっています。
例えば、旅行傷害保険は海外で最高5,000万円と、プラチナ法人カードと比較しても遜色ないほどです。

そのうえ、国内28ヶ所・海外2ヶ所の空港ラウンジを利用できるのも魅力的。
搭乗時刻までの待ち時間を、より優雅なものにしてくれるでしょう!

さらに、ANAマイルの還元率は法人カードの中でもトップクラスです!
なんと、最大で1.0%にもなります。
年間100万円をこの法人カードで利用すると、最大で10,000マイル貯められるということですね。
これだけマイルが貯めやすいとなると、マイルで海外出張用の航空券を購入することも夢ではありませんよ!

ちなみに、この法人カードの年会費は31,000円となります。
ゴールドランクの中でも比較的年会費が高いのが、少しネックになりますね。

しかし、その年会費を補って余りあるステータス性と比較的高い性能を誇る点が、アメックス・ビジネスゴールドをおすすめする一番の理由になります。

法人カードとは?

法人カードとは?

一般的に法人カードとは、事業用のクレジットカードとして知られています。
つまり、経費を支払うために作成されているクレジットカードということですね。

ちなみに、法人カードはビジネスカードやコーポレートカードと呼ばれることも。
実は、これら二種類のカードを総括して呼ばれるのが法人カードという訳です。

そんな法人カードですが、会社や屋号名義の口座を引き落とし口座に選ぶことが出来ます。
それにより、今まで明細が公私混同してしまっていた方も、法人カードを導入することで解決できるでしょう。

そして、意外と知られていないのが、法人カードは基本的にキャッシング機能が付帯していないという点です。

その理由は、銀行側が貸し倒れを恐れているため。
しかし、なかにはキャッシング機能が付帯した法人カードも存在します。

もし、あなたがキャッシュフロー的に不安があって法人カードを導入しようとしてるのであれば、この情報を知っておくだけで法人カードを比較する際に役に立つと思いますよ!

法人カードとは

法人カードを導入することで得られるメリットについて

法人カードのメリット

導入するだけで様々なメリットを享受できる法人カード。
一体どのようなメリットがあるのかご存知でしょうか?

法人カード導入で得られる比較的大きなメリットといえば、経理業務の簡略化に貢献してくれるというものです。
例えば、今までクレジットカードで経費を支払っていた方であれば、経費で購入したものかポケットマネーで購入したものか分からなくなってしまったことがあると思います。

そうなってしまうと、公私の支払いを分別する作業をしなければいけませんよね。

しかし、法人カードを導入すれば今まで掛けていた手間や時間を無くすことができるでしょう。
というのも、法人カードは経費用、クレジットカードはプライベート用と明細を分断可能になるからです。
そのため、逐一経費かプライベートか判断する必要がなくなると思いますよ。

また、キャッシュフローの安定が図れるのも、法人カードの大きなメリットの一つです。
例えば、出来る限り現金は置いておかなければいけないけど、どうしても支払わなければいけない経費があると困りますよね。

しかし、法人カードで経費を支払うようにすれば、現金を置いておくことが出来ます。
さらに、その支払いは数週間から数か月後になることがほとんどです。
なので、キャッシュフローの安定のために、どうしても現金を使いたくないときなどに重宝すると思いますよ。

そして、もう一つ比較的大きなメリットが、振込手数料を大きく削減できる可能性があるというものです。
例えば、今まで現金で経費を支払っていた方であれば、その振込先は多岐にわたっていたと思います。
それにより、多くの振込手数料が掛かっていたのではないでしょうか。

ただ、法人カードを導入して口座から引き落とす形にすれば、そのような振込手数料は掛からなくなります。
そのため、人によってはとても大きな経費削減を図れる可能性があるでしょう。

これらのように、法人カードを導入すれば非常に多くのメリットを享受することができるのです!

法人カードのメリット

用途別に異なる法人カードの比較方法を知ろう!

法人カードの比較方法を知ろう

法人カードを比較する上で大事な項目は非常に多種多様です。
また、その項目はあなたがどのような目的のもと、法人カードを比較するかで変わってきます。

ここからは、いくつかの用途別に変わる法人カードの比較方法について紹介していこうと思います。

出張が多い方が比較するべき項目!

出張が多い方が比較するべき項目

出張のたびに貯まるマイルは出来るだけ多いほうがいいですよね。
そのため、出張が頻繁にある方であれば、法人カードのマイル還元率は一番に比較する事が大切です。

ちなみに、一般的な法人カードのマイル還元率は0.3%~0.5%。
このマイル還元率をもとに、導入を検討している法人カードのマイル還元率を比較するようにしましょう。

また、JALかANAかでもマイル還元率は変わってきます。
なので、あなたがよく利用する航空会社のマイル還元率を注視して比較するようにしてくださいね。

これらに加えて、出張に役立つサービスが付帯するかもしっかりと比較する必要があります。
というのも、その比較を怠るとあなたにとって必要のないサービスが付帯する法人カードを選択してしまう可能性があるためです。

例えば、出張に役立つ付帯サービスとして人気なのは、プライオリティパスの無料発行サービスとなります。
プライオリティパスとは、世界中にある高級空港ラウンジを利用するための利用許可証のようなもの。
このプライオリティパスを、無料で発行してくれるサービスが付帯した法人カードも存在します。

ちなみに、このプライオリティパスの無料発行サービスは、プラチナ法人カードに付帯することがほとんどです。
そのため、このサービスを享受したいと思う方であれば、プラチナランクの法人カードを積極的に比較するといいでしょう。

また、旅行傷害保険が充実しているか比較すると、出張時の安心感を保証してくれる法人カードに巡り合えます。
出張時の安心を担保してくれる旅行傷害保険は、法人カードによって内容から補償額まで千差万別。
出張が多い方であれば、国内外で最低3,000万円の補償が付帯した法人カードを中心的に比較したほうが良いです。

したがって、これらの基準をもとに法人カードを比較すれば、出張が多いあなたの最高のパートナーとなる法人カードに巡り合えるでしょう!

マイル還元率の比較情報

接待が多い方が重要視すべき項目とは?

接待が多い方が重要視すべき項目について

接待が頻繁にあるあなたに最も比較していただきたい項目は、法人カードの付帯サービスとなります。
というのも、接待が頻繁にある方にとってポイント還元率や旅行傷害保険の比較はあまり重要ではありませんよね。
それらよりも、接待で活躍する付帯サービスが一つでも多くある法人カードのほうが嬉しいはずです。
そのため、接待が頻繁にある方は、レストランなどを優待価格で利用できるサービスが付帯した法人カードか比較するようにしましょう。

ただ、レストランを優待価格で利用できるサービスと言っても様々な種類があります。
そんな多種多様なレストラン優待利用サービスの中で、特に付帯しているかどうか比較していただきたいのが、「招待日和」「VISAビジネスオファー」です。

まず招待日和とは、法人カード発行会社が厳選を重ねた高級レストランを複数名で予約した場合に、一名分のコース料理料金をフリーにしてくれるというものです。
このサービスが付帯すれば、あなたの大事なお客様を満足させることが出来るでしょう。
それだけでなく、1人分の高級コース料理が無料になることから、経費削減も狙うことが出来る一石二鳥のサービスとなっています。

一方でVISAビジネスオファーとは、これまた法人カード発行会社が厳選したレストランを優待価格で利用できるようになるというものです。
そのため、このサービスでも経費削減&接待の手助けを行える優秀なサービスとなるでしょう。

また、このサービスは利用回数に制限がありません。
なので、接待がある度に経費削減を図ることができると思いますよ!

このように法人カードを比較すれば、接待が多いあなたをサポートしてくれるサービスが付帯した法人カードを見つけられるはずです!

経費削減を狙うならこの項目を重視しよう!

経費削減を狙うならこの項目!

経費削減を念頭に置いている方であれば、最も比較していただきたいのがポイント還元率になります。
何故なら、より多くのポイントが還元されれば、比較的多くの備品やギフト券などに交換することができるためです。
一般的な法人カードであればお金で購入しなければならなかったものを、ポイントで購入出来れば何よりもの経費削減に繋がりますよね。
そのため、経費削減を一番に考えて法人カード導入を検討している方には、ポイント還元率を比較していただきたいと思います。

ちなみに、法人カードによっては利用額によってポイント還元率が変動するものが存在します。
例えば、200万円以上を利用することで初めて最大ポイント還元率が実現できる法人カードなど。
人によっては最大ポイント還元率の恩恵を受けることが難しい方もいるかもしれません。
それ故に、比較的高いポイント還元率を有する法人カードでも、条件が必要になってくるのかしっかりと比較するようにしましょう。

また、ポイント還元率が変動せず、常時1.0%と高い還元率を誇る法人カードもあります。
それでいて、その法人カードは年会費が永久的に無料となっています。
このような法人カードを選択できれば、比較的経費削減を狙いやすくなるでしょう。

したがって、経費削減を図りたい方であれば、ポイント還元率が0.5%よりも高く出来るだけ年会費が安い法人カードを積極的に比較することをおすすめします!

ポイント還元率の比較情報

スタートアップ段階の方は審査情報を知るべき!

審査情報を知るべき!

クレジットカードよりも審査が比較的厳しいと言われている法人カード。
というのも、多くの法人カード発行会社は、審査対象の会社実績や事業実績などを厳しく評価するためです。
それ故に、最近会社を設立したり個人事業主になったりした方は、審査に通ることが出来ない可能性が比較的高くなる傾向にあります。
なので、そのような方は比較的審査に甘いと言われている法人カードを探し出すようにしましょう。

その方法とは、導入したいと考えている法人カードの口コミを比較する事です。
例えば、法人カードの中には「個人事業主になって半年しか経過していませんが、審査に通ることが出来ました!」といった口コミを多く見つけられるものがあります。

そのような法人カードは、比較的審査に甘いと言われています。
というのも、会社や事業を初めて間もない方というのは、そこまで信用に厚いというわけではないですよね。
それにもかかわらず審査を通過できるということは、その法人カード発行会社がそこまで会社や事業の実績を重要視していないということになります。
そのような法人カードであれば、審査に甘い可能性が比較的高くなるという訳です。

したがって、スタートアップ段階の方で「審査に通るか不安だ…」と思っている方は、口コミから判断して審査に甘い法人カードを比較するようにしましょう!

審査に関する比較情報

ランクによって違う法人カード比較時の重要項目とは

ランク別に違う法人カード比較時の重要項目

法人カードには、「一般」・「ゴールド」・「プラチナ」という3種類のランクがあります。
実は、法人カードを比較する際にランク別で比較方法が異なることをご存知でしたでしょうか?

ここからは、ランクによって違ってくる法人カード比較時の重要項目について紹介していこうと思います。

一般ランクを比較する際に重要視すべき項目について

一般ランクを比較する際に重要視すべき項目

一般ランクの法人カードを比較する際は、その年会費が永久無料なのか実質無料なのか比較するようにしましょう。

その比較を怠れば、条件をクリアしなければ無料にならない法人カードを選択してしまうかもしれません。

ちなみに、実質無料の法人カードか永久無料になるかの比較は、発行会社の謳い文句や掲載している性能表で判断することが出来ます。
例えば、性能表に「永久無料」と書かれていれば、その法人カードは永久的に年会費が掛かることがありません。

一方で、「実質無料!」などの謳い文句で導入を促している法人カードは、必ず何かしらの条件が設けられています。
これらの項目を比較するだけで、その法人カードが永久的に無料なのか判断できるという訳です。
そのため、「年会費は出来れば抑えたい」という方は、これらの方法によりしっかりと一般法人カードを比較することをおすすめしますよ!

また、一般ランクの法人カード導入を検討している方の多くは、最近会社を立ち上げたり事業を始めだしたりしている方が多いと思います。
そのような方であれば、導入を検討している法人カードが審査に甘いかどうか比較する事が必須。
その比較方法は、導入を検討している法人カードの口コミ情報謳い文句で見極めることが出来ます。

例えば、「会社を設立して間もないけど審査に通った!」といったような口コミが多く見受けられたら、その法人カードは比較的審査に甘いことがほとんどです。

したがって、年会費が安いかどうか比較するだけではいけません。
しっかりと、手に入れたい1枚が審査に通りやすいか口コミで比較することで、より法人カードを導入できる可能性が高まると思いますよ!

一般ランクについて

ゴールドランクを比べるうえで重要な項目とは

ゴールドランクの重要項目

ゴールド法人カードを探している方の多くは、きっとコスパに優れているかを比較したいと思います。

そんなコスパに優れている法人カードを導入するためには、「高ポイント還元率」「低年会費」かを比較する必要があります。

ポイント還元率が高い法人カードを比較するなら、覚えておきたい平均的なポイント還元率。
その値は0.5%となります。
なので、比較する法人カードがこの値よりも高ければ、その一枚はポイント還元率に優れていると言えるでしょう。

また、年会費が安いか比較することも大切です。
というのも、いくらポイント還元率が高くても年会費も高ければ、その法人カードはコスパに優れていると言えないためです。

年会費を比較する上で、覚えていただきたいのがゴールド法人カードの平均的な年会費となります。
その平均値は、おおよそ10,000円程度。
そのため、この平均的な年会費よりも安い法人カードであれば、比較的低年会費になると思いますよ。

これらに加えて、出張が多い方であれば利用できる空港ラウンジの数を比較するようにしましょう。
それにより、さらに使い勝手がいい法人カードに巡り合えると思います。

これら二点の項目のバランスが取れており、サービスもあなた好みの法人カードかどうか比較するのが非常に大事になってくるのです。

ゴールドランクについて

プラチナランクで比較するべき重要項目について

プラチナランクで比較すべき項目

プラチナ法人カードの導入を検討している方の多くは、ステータス性を比較したい方が多いのではないでしょうか。
そのステータス性ですが、ある方法により簡単に比較することが出来ます。
それが、法人カード発行会社の知名度信頼性を比較するというもの。

例えば、三井住友やアメックスは信頼に厚いカード発行会社として有名ですよね。
そして、これら二社の事について名前も聞いたことが無いという方は非常に稀だと思います。
つまり、これらの発行会社は認知度・信頼性ともに優れているということです。
そのため、これらの発行会社が発行する法人カードは、比較的ステータス性に優れていると言われています。

したがって、ステータス性に優れたプラチナ法人カードを導入したい場合は、その発行会社の認知度と信頼性を比較するようにしましょう。

それにより、あなたが求めるステータス性が備わった法人カードに巡り合えると思いますよ!

プラチナランクについて

法人カード比較表

カード名 NTTBizカード
レギュラー
NTTBizカード
ゴールド
オリコ
EXGold forBiz
三井住友
forOwnersクラシック
三井住友
forOwnersゴールド
三井住友
forOwnersプラチナ
アメックス・
ビジネスグリーン
アメックス・
ビジネスゴールド
セゾンコバルト
ビジネスアメックス
セゾンプラチナ
ビジネスカード
セゾンパール
アメックス
ライフカード
ビジネスライト
ライフカード
ビジネスゴールド
楽天
ビジネスカード
JCB
一般法人カード
JCB
ゴールド法人カード
JCB
プラチナ法人カード
券面 NTTBizカードレギュラー NTTBizカードゴールド オリコExGold for Biz 三井住友for Owners クラシック 三井住友for Owners ゴールド 三井住友for Owners プラチナ アメックス・ビジネスグリーン アメックス・ビジネスゴールド セゾンコバルト・ビジネスアメックス セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス セゾンパール・アメックス ライフカード・ビジネスライト ライフカード・ビジネスゴールド 楽天ビジネスカード JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード JCBプラチナ法人カード
発行会社 NTTファイナンス NTTファイナンス Orico 三井住友 三井住友 三井住友 Amex Amex クレディセゾン クレディセゾン クレディセゾン ライフカード ライフカード 楽天 JCB JCB JCB
国際ブランド VISA VISA VISA / Mastercard VISA / Mastercard VISA / Mastercard VISA / Mastercard AMEX AMEX AMEX AMEX AMEX VISA / Mastercard
JCB
VISA / Mastercard
JCB
VISA JCB JCB JCB
ポイント還元率 1.0% 1.0% 最大1.1% 0.5% 0.5% 0.5% 0.3% 0.3% 0.5% 0.5% 最大1.0% 1.0% 最大0.75% 最大0.8% 最大0.85%
ANAマイル還元率 0.4% 0.4% 最大0.66% 0.3% 0.3% 0.3% 最大1.0% 最大1.0% 0.3% 0.3% 0.3% 0.5%
JALマイル還元率 0.25% 0.25% 最大1.125% 最大0.55%
年会費 0円 (永久無料) 0円 (永久無料) 2,000円 1,250円 (実質無料) 10,000円 50,000円 12,000円 31,000円 1,000円 20,000円 1,000円 0円 (永久無料) 2,000円 2,000円 1,250円 10,000円 30,000円
追加カード 無料 無料 無料 400円 2,000円 3,000円 6,000円 12,000円 無料 3,000円 無料 2,000円 1,250円 3,000円 6,000円
利用限度額 個別設定 個別設定 最高150万円 最高300万円 最高500万円 一律制限なし 一律制限なし 最高500万円 最高500万円 審査による 最高300万円 最高200万円 最高200万円 最高300万円 公式サイト参照 公式サイト参照 公式サイト参照
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 最高2,000万円 最高2,000万円 最高2,000万円 最高1億円 最高1億円 最高5,000万円 最高1億円 最高1億円 最高3,000万円 最高1億円 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高2,000万円 最高2,000万円 最高1,000万円 最高5,000万円 最高1億円 最高5,000万円 最高1億円 最高5,000万円 最高3,000万円 最高5,000万円 最高1億円
ショッピング保険 年間最高100万円 年間最高100万円 年間最高100万円 年間最高100万円 年間最高300万円 年間最高500万円 年間最高500万円 年間最高500万円 年間最高300万円 年間最高100万円
(海外)
年間最高500万円 年間最高500万円
ETCカード 無料 無料 無料 無料 無料 無料 525円 525円 無料 無料 無料 無料 無料 540円 無料 無料 無料

参考サイトはこちら!

当サイトでは、法人カード情報を多く掲載しています。
これらの法人カード情報は、「法人カードおすすめ比較サイト」を参考にしています。

このサイトでは、法人カード40枚以上の情報を詳細に掲載中。
また、用途や目的に合わせて法人カードを紹介するなど、ビジネスマンに打って付けのサイトとなっています!

もし、当サイトの法人カード情報では事足りないという方は、こちらのサイトの利用していみてはいかがでしょうか?

法人カードおすすめ比較サイト

法人カード比較ガイド
タイトルとURLをコピーしました