« PHONO 73 "o canto de um povo" | メイン | Pierrot & Colombina / Marcelo Quintanilha & Vania Abreu »

Elis Regina / ELIS REGINA CARVALHO COSTA - 1980 (DVD)

elis_dvd_1980.jpg
1980年、TV Globo の Série Grande Nomes という番組のために収録されたエリスのショー。番組のディレクターだった、ダニエル・フィーリョのインタビューも収録。

以前リリースされた、1973の映像と同じくトラマからのリリース。オールリージョンなので日本のプレーヤーでも見ることができるが、前回と同様字幕は入っていない。

内容的には、同じ年にリリースされたアルバム「SAUDADE DO BRASIL」のショーからピックアップした曲を番組用に構成しなおしたもののようだ。

サーカス小屋を模したステージでセザール・カマルゴ・マリアーノ率いるバンドの演奏からスタート。その後なぜかスペイン語のMCに紹介されてエリスが登場。14曲を歌う。

前半の見どころは、シコ・ブアルキ/フランシス・ハイミの「Atrás Da Porta」とジョアン・ボスコ/アルジール・ブランキ「O Bêbado E A Equilibrista」。73年の映像でもそうだったが「Atrás Da Porta」を、化粧が溶けた黒い涙を流しながら歌う時の彼女は、完全にどこか違うモードに入り込んでいるようだ。前年に大ヒットした「O Bêbado E A Equilibrista」は、観客を交えて大合唱。当時この曲がどんなに愛されていたか伺い知ることができる。

衣装を着替えて、セザールのピアノに寄り添って2曲を歌う。エリスに紹介されて登場するセザールのコミカルな仕草がおかしい。

最後のシークエンスでは、コーラス8人が舞台に上がり、摩訶不思議なアレンジの「Aquarela do Brasil」からミルトンの「O Que Foi Feito de Vera」へと一気にたたみかけてくる。最後の、ゴンザギーニャの「Redescobrir」ではバンドも観客も巻き込んでもシランダの輪ができ、感動的なエンディングへ。

実際に行われていたエリスのショーを彷彿とさせる貴重な映像だ。

収録曲は以下の通り。
1. Arrastão (Instrumental)
2. Querelas do Brasil
3. Agora Tá
4. Alô Alô Marciano
5. Essa Mulher
6. Atrás da Porta
7. Cadeira Vazia
8. Conversando no Bar
9. O Bêbado e o Equilibrista
10. Aos Nossos Filhos
11. Modinha
12. Rebento
13. Aquarela do Brasil
14. O Que Foi Feito de Vera
15. Redescobrir

随所に挿入される「Fascinação (Fascination)」も効果的だ。

このアイテムをGoogleで検索:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://alo-alo-brasil.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/108

この一覧は、次のエントリーを参照しています: Elis Regina / ELIS REGINA CARVALHO COSTA - 1980 (DVD):

» Caca A Raposa (Joao Bosco) from 楽しい音楽を聴く♪
World-Brasil-MPB : ★★★★★ Caca A Raposa 名曲目白押し、再販のチャンスを見逃すな! ジョアン・ボスコ、1975年発表... [詳しくはこちら]

» ジョアン・ボスコ (Joao Bosco) from 楽しい音楽を聴く♪
ジョアン・ボスコ (Joao Bosco)サンバ/MPB シンガーソングライタージョアン・ボスコ(1946~)はブラジルのミナスジェライス州で生ま れた。... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)