Comportamento Geral / Daniel Gonzaga

danialgonzaga.jpg
Comportamento Geral / Daniel Gonzaga
ダニエル・ゴンザーガが、父ゴンザギーニャの作品集に挑戦。ビスコイト・フィーノからのリリースということで、地味なアコースティック・サウンドにでもなっていないかと心配しましたが、レギュラーバンドのメンバーを中心にした、オーバーダブ無しのライブ感溢れるバンドサウンド。前作の「Areia」よりも軽めの印象ですが、実際のライブの音に近いんじゃないかと思われます。ゴンザギーニャとそっくりの声ですが、良く聴けばより強く硬質なトーン。甘さの無い力強い歌は、父親とは一味違うダニエル独特の魅力になっています。7曲目の「Namorar」は、ゴンザギーニャの未発表だった曲で、彼の娘2人がメンバーの Chicas が、2006年のアルバムで初めて録音したものです。

Onde Brilhem os Olhos Teus / Fernanda Takai

fernandatakai.jpg
Onde Brilhem os Olhos Teus / Fernanda Takai
パト・フーのボーカリスト、フェルナンダ・タカイの新譜は、ナラ・レオンへのトリビュート作。ナラのレパートリーをパト・フーらしいアレンジでカバーしています。取り上げた曲も、ボサノヴァのスタンダードから、古いサンバ、エルネスト・ナザレーから、ロベルト・カルロスまで。幅広い視野をもって音楽に取り組んでいたナラ・レオンという人を的確に捉えた選曲だと思います。個人的ベストは冒頭のゼー・ケチ作「Diz que fui por ai」。

Música Ligeira

musicaligeira2006.jpg
サンパウロの異能トリオ、ムジカ・リジェイラの10年ぶりの新作。2004年のライブ録音。メイン・ボーカルのロドリゴ・ロドリゲスが亡くなってしまったので、これがラストアルバムに。ビートルズもスティーヴィー・ワンダーもポール・サイモンも古いサンバ・カンソンも彼等の手にかかればモダンでキッチュな快感音楽体験に。CDとDVDが同時リリース。

Amendoreira / Bebeto Castilho

bebeto_amendoeira.jpg
タンバ・トリオのベース&フルートを担当していたベベートの新作。プロデュースを担当したのは、彼の甥にあたるロス・エルマーノスのマルセロ・カメーロとカシン。アレンジはラエルシオ・ヂ・フレイタスが主に担当している。ゲストボーカリストは、ニナ・ベッケル、マルセロ・カメーロ、タルマ・ヂ・フレイタス、ウィルソン・ダス・ネヴィス。

Carioca / Chico Buarque

chico_carioca.jpg
シコ・ブアルキの1998年の「AS CIDADES」以来になる久々のスタジオ録音新作。タイトルにちなんで自分自身にリオの地図を投影して撮影した写真をメインにしたグラフィックデザイン。「DESCONSTRÇÃO」と題された制作ドキュメントを収録したDVDとのセットも同時リリース。

quinta_vania.jpg
ヴァニア・アブレウとマルセロ・キンタニーニャがカーニヴァルを題材にした曲ばかりを集めて作ったアルバム。トラックリストを見て、今更「カーニバルの朝」や「フェリシダーヂ」を取り上げるのもどうなんだろうねぇ、などと思いながら聴き始めたが、これはなかなか侮れない久々のヒット。

elis_dvd_1980.jpg
1980年、TV Globo の Série Grande Nomes という番組のために収録されたエリスのショー。番組のディレクターだった、ダニエル・フィーリョのインタビューも収録。