2006年9月アーカイブ

Discovery Atlas | ディスカバリー アトラス

ディスカバリー・コミュニケーションズが、総製作費70億円を投入してお届けする、今だかつてない壮大なスケールのドキュメンタリーシリーズ、「Discovery ATLAS」。 息をのむほどに美しい最新のHD技術を駆使して撮影されたその映像世界は、その国に暮らす人々の夢、希望を彩り、世界中の魅力的な国々の今をリアルに、鮮明に描き出します。 2006年秋「ドキュメンタリーの頂点へ」、ディスカバリーチャンネルの真骨頂を体感する空前のドキュメンタリープロジェクトの扉が全世界170ヵ国へ開かれます。

オープニングで取り上げられる4カ国の中にブラジルが含まれています。ブラジルの回の放送は11月です。

ブラジルEMIでは、エリス・レジーナの映像作品のリリースを決定。七十年代の映像で、Doce de Pimenta, Falso Brilhante e Na Batucada da Vidaの三枚のボックスセットになる模様。

00101f5d.jpgPaulinho Boca de Cantor

1. Demorou
2. Por Causa de Voce
3. Io Che Amo Solo Te
4. Falei Baixinho
5. Estrada do Sol
6. Do-Re-Mi
7. Cancao da Manha Feliz
8. Nao Tenho Escolha
9. Stella By Starlight
10. Piston de Gafieira
11. Nega Manhosa
12. Morena Boca de Ouro - E Luxo So
13. Influencia do Jazz
14. Yaya Baianinha
15. Filho da Bahia
16. Preta Pretinha

ノヴォス・バイアーノスのパウリーニョ・ボカ・ヂ・カントールの2005年のライブDVD。どうなんでしょー...ボサノヴァとかやってるしぃ...星影のステラとか歌ってるしぃ...

aa16c51f.jpgセルタネージャ界のニュースター「MAYCK&LYAN」。ファーストアルバムの「Defendendo a tradicao」が発売早々ヒットチャートに登場。

二人は兄弟で、現在MAYCKが16歳、LYANが15歳。MAYCKが7歳、LYANが6歳の頃から二人で歌い始め、学校やレストラン、お祭りで歌っていたそうです。彼等が注目されるきっかけになったのは、2005年3月に出演した、人気テレビ番組「ラウル・ジル」。8月には、若手タレントがジョーヴェン・グアルダの頃を再現する企画アルバム"Jovens Talentos - 40 anos de Jovem Guarda"に参加。そして、この8月にファーストアルバム「Defendendo a tradicao」をリリース。

「Defendendo a tradicao」には、自作曲や彼等のアイドルTiao Carreiroの曲に加えて、ジョビンの「A correnteza」、ナンド・レイス「Segundo Sol」、エルヴェルチ・ヴィアナ「Meu erro」といった、ユニークなレパートリーも。今年注目のアルバムです。

17eb1854.jpgレシーフェ出身のロックバンド「モンボジョ - Momojo」の初DVDがトラマからリリースされます。タイトルはインディーレーベルからリリースされたファーストアルバムと同じ「Nada de Novo」

5af8ec1e.jpgNEY MATOGROSSO E PEDRO LUIS E A PAREDE - VAGABUNDO AO VIVO

ネイ・マトグロッソとペドロ・ルイス&ア・パレヂが、がっぷり組んだアルバム「VAGABUNDO」のステージがDVDとCDでリリース。ハイテンション、ハイクオリティで、ポップファンもロックファンもサンバファンも楽しめること請け合い。

1- Noticias do Brasil (Os Passaros)
2- A Ordem e Samba
3- Faze o Que?
4- Serestupy
5- Transpiracao
6- Interesse
7- Soul
8- Assim Assado
9- Noite Severina
10- Balada do Louco
11- Vagabundo
12- Disritmia
13- Inspiracao
14- Caio no Suingue
15- Napoleao
16- Tempo Afora
17- Jesus
18- O Mundo
19- Sangue Latino
20- Fe Cega, Faca Amolada

■ E Ferro na Boneca! / Novos Baianos
ノヴォス・バイアーノスのファーストアルバムがオリジナルジャケットで久々の再リリース。シングル盤の曲も収録されているようです。

■Qualquer / Arnaldo Antunes
アルナルド・アントゥネスの新作は、なんとビスコイト・フィーノから。ノヴォス・バイアーノスの「アカボウ・ショラーレ」をカバーしてるそうです。

■Gil Luminoso / Gilberto Gil
そのビスコイト・フィーノからリリースされる、ジルベルト・ジルのアルバムは、1999年に書籍の付録として録音されたもの。完全な弾き語りのアルバムです。ジルのキャリアの中でも異色、かつ非常に高レベルのもの。

■Beth Carvalho Canta o Samba da Bahia
ベッチ・カルヴァーリョの新作は、バイーアのサンバを歌うと言う企画もライブ盤。CDとDVDがリリースされます。ゲストのダニエラ・メルクリと「シクレッチ・コン・バナナ」とか歌ってたりします。

■Conterraneos / Dominguinhos
ドミンギーニョスの新作は、エルドラドレーベルからのリリースに。ジャケットデザインは、エリファス・アンドレアート。パウリーニョ・ダ・ヴィオラやマルチーニョ・ダ・ヴィラのジャケットデザインや雑誌ラ
ティーナの表紙イラストで知られている巨匠です。

エリス・レジーナとヒタ・リーのものがリリースされている、テレビ番組「Grandes Nomes」から、パウリーニョ・ダ・ヴィオラの回がDVD化決定。80年に収録されたものです。タイトルは彼の本名「Paulo Cesar Baptista de Faria」。トラマからのリリースになります。

ムジカ・カイピーラのベテラン、レナート・テイシェイラが、初めてのDVDのためのコンサートを8月27日に収録。ゲストには、ペナ・ブランカ、ジョアンナ、シタンジーニョ&ショロロー、アルゼンチンの大スターレオン・ヒエコが参加したようです。DVDとCDでリリースされる予定。

ロベルト・カルロスが20世紀にリリースした全アルバムを収録したボックスシリーズ。これまで、60〜90年代を10年区切りで4つのボックスでリリースしてきました。

来年リリース予定の最終ボックスは、帝王がブラジル国外向けに録音した音源を集大成。主にスペイン語バージョンになりますが、中にはフランス語で録音されたレアトラックも収録。なんと全29枚、箱二つ分になるようです。

forrocrianca.jpgゼ・レナートのプロデュースによる子ども向けフォホーアルバム「 Forro pra's Criancas」がリリース。

収録アーチスト(カッコ内は曲名)は、シコ・ブアルキ(モレーナ・ベラ)、マリア・ヒタ(シナ・ヂ・シガーラ)、エルバ・ハマーリョ(フォホー・エン・カンピーナ)、ロベルタ・サー(トゥン・トゥン・トゥン)、アルセウ・ヴァレンサ(クアドロ・ネグロ)、シルヴェリオ・ペソア(ココ・ド・ノルチ)、ゼリア・ドゥンカン(シクレッチ・コン・バナナ)、ゼ・レナート(カンチーガ・ド・サポ)等。

ensaiocaixaエリス・レジーナに始まった、テレビ番組「エンサイオ」のDVD化。これまでリリースされた、5枚(Elis Regina, Gal Costa, Tim Maia, Tom Z?, Baden Powell)をワンセットにしたボックスセットがリリースされます。

menescalwandaまた、新作として「ロベルト・メネスカル&ヴァンダ・サー」「カジュー&カスターニャ」が出ます。

※これらはすべて、エリスの息子ジョアン・マルセロが率いるトラマからのリリースですが、それとは別にビスコイト・フィーノから「ナラ・レオン」の出演した回がDVDでリリースされます。

このアーカイブについて

このページには、2006年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年8月です。

次のアーカイブは2006年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。