2005年1月アーカイブ

最古の日本語によるブラジル料理の本


実用的なブラジル式料理と製菓の友 <<Amazon.co.jp

なんと初版は1934年(昭和9年)。1971年の第10版から、日本語とポルトガル語の並記になっています。現在のは1983年の第13版。著者の佐藤初江さんは、1901年(明治34年)愛媛県に生まれ、1924年(大正13年)にブラジルに移住した方です。まだご健在なら、103歳ですね。この本をブラジルで発刊し、同時に料理学校を設立されたそうです。1973年には、勲五等瑞宝章を叙勲されています。

参考資料:ブラジル移住年表

1934年に書かれた本ですから、さすがに旧仮名遣いではありませんが、文章表現は当時のままのようです。写真・図版もほとんどありません。今どきの料理の本と比較すると、とても使いやすいとは言えないものです。しかし、430ページのボリュームで、ブラジルの料理とお菓子の作り方、食事のマナーや、ブラジルの食材の説明など、ここまで充実したものが日本語で読めるというのは、すごいことじゃないでしょうか。

実はブラジル料理の本となっていますが、後半100ページほどは日本料理の解説になっています。ブラジルの移民社会の食生活が垣間見れる貴重な資料でも有ります。

「モロ・ノ・ブラジル(moro no brasil)」の監督ミカ・カウリスマキ(Mika Kaurismaki)の最新作は「Brasileirinho」。ショーロを題材としたドキュメンタリー映画。トリオ・マデイラ・ブラジル、パウロ・モウラ、ヤマンドゥ・コスタ、テレーザ・クリスチーナ、ゼゼ・ゴンザーガ等が出演しているらしい。2005年ベルリン国際映画祭に出品。

http://jbonline.terra.com.br/jb/papel/cadernob/2005/01/21/jorcab20050121001.html

ベゼーラ・ダ・シルヴァ 死去

かねてより入院中で容体の心配されていたベテランサンビスタ、ベゼーラ・ダ・シルヴァが死去しました。享年77歳。

Sambista Bezerra da Silva morre aos 77 anos

O cantor e compositor, que estava internado no Rio de Janeiro desde 28 de outubro com problemas pulmonares, morreu esta manha

ブラジルの映画監督ヴァルテール・サレス(Walter Salles)が、2005年度ゴールデングローブ賞の外国映画部門で受賞しました。対象となったのは「Diarios de Motocicleta(モーターサイクル・ダイアリー)」と「Mar Adentro」

"Mar Adentro" desbanca "Diarios" no Globo de Ouro

Como previra Walter Salles, diretor de Diarios de Motocicleta, o espanhol Mar Adentro levou o Globo de Ouro de melhor filme estrangeiro

このアーカイブについて

このページには、2005年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年12月です。

次のアーカイブは2005年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。