ALO,ALO,BRASIL

アルバムレビュー:032

O Brasil Da Sanfona

text by 《DINO》


SESC São Paulo NC021

SESC São Paulo NC022

Brasil da Sanfona Nordeste +Brasil central

SESC São Paulo NC021

  1. Toque de pife / dominguinhos
  2. Festejo / Camarão
  3. Corumba / Dino Rocha
  4. Triunfo - Em Cima da Linha - Apanhei-te Cavaquinho / Arlindo dos 8 baixos
  5. Arrastando as Apragatas - Dominguinhos
  6. Lamento Sertanejo - Dominguinhos
  7. Forro Beleza - Camarão
  8. Choramingo - Ze Calixto
  9. Curupi - Dino Rocha
  10. Meu Mato Grosso - Zino Prado e Elias Filho
  11. Km ll - Zino Prado e Elias Filho
  12. Serelepe - Elias Filho
  13. Ao Rei do Baião - Patativa do Assare, Dominguinhos

Brasil da Sanfona Rio Grande do Sul + São Paulo

SESC São Paulo NC022

  1. Carinhoso - Caçulinha
  2. Folcloriando - Gilda Montans e Meire Genaro
  3. Dominguinhos no Parque - Toninho Ferragutti
  4. Espinha de Bacalhau - Regina Weissmann
  5. Montreux - Toninho Ferragutti
  6. Pra Ti, Guria - Gilberto Monteiro
  7. Adios Nonino - Oscar dos Reis
  8. Sonho Novo - Luciano Maia
  9. Taquito Militar - Renato Borghetti

サンパウロの文化財団SESCが主催した、ブラジルのアコーディオン奏者を集めたコンサートのライブ盤。大きく地域別に「北東部~中央部編」と「リオ・グランヂ・ド・スル~サン・パウロ編」の2枚に分かれています。

「北東部~中央部編」は、ドミンギーニョスを中心にペルナンブーコやパライーバ、マトグロッソ・ド・スル出身のサンフォネイロが総勢7人。残念ながらドミンギーニョス以外は初めて聞く名前ばかりですが、かなりのベテラン揃いのようす。ノルデスチ勢は、聴きなれたフォホーの演奏。一方、マトグロッソ・ド・スル出身の Dino Rocha や、ゴイアスのZino Prado や Elias Filho が聴かせてくれる音楽は、チャマメやポルカなど、普段ブラジル音楽としてはなじみのないもの。広大なブラジル内陸部のフェスタではみんなこういった音楽で踊って楽しんでるんですね。最後のトラックでは、2002年8月に93歳で亡くなった北東部の詩人、パタチーヴァ・ド・アザレーがドミンギーニョスのソロ演奏をバックに、ルイス・ゴンザーガを讃える詩を朗読している(収録は三月)。

「リオ・グランヂ・ド・スル~サン・パウロ編」、要するにブラジルのサンパウロから南の方。この地域のサンフォネイロといえばレナート・ボルゲッチがなんと言っても有名ですが、ここ数年活躍の目覚ましいトニーニョ・フェエラグチや、50年代から活躍している大ベテラン、カスリーニャなどが参加しています。この地域のサンフォーナの音楽は、ノルデスチ音楽と違って歌なしのインストゥルメンタルミュージックスタイルなので、ガウショ・スタイルの音楽をベースにしながらも、演奏技術や即興面で幅を広げていく方向性が強く出ています。他には珍しく女性奏者も3人参加していて、高速ポルカ演奏で会場を湧かせています。

ブラジルのアコーデオン音楽と一口に言っても、あの広大な国のあちこちで実に様々な音楽が日々演奏されていることの一端がかいま見れるアルバムです。

※2004年追記:このコンサートの様子を含む映像と写真集がSESCからリリースされました。