ALO,ALO,BRASIL

INTERVIEW numero 6:トニーニョ・オルタ

ALO,ALO,BRASILが皆様に贈る目玉企画、ブラジル音楽系ミュージシャンのインタビューのコーナー。有名アーティストから気鋭の新人まで、スタッフが注目&推薦する人物にインタビューしていきます。お見逃し無く。

今回は5月に来日した、トニーニョ・オルタ。ライブ終了後に同行したユリ・ポポフ、ネネンも同席してお話を聞かせてもらいました。

聞き手 かわべ


ミルトン・ナシメントと並ぶ「ミナスを代表する音楽家」トニーニョ・オルタが約2年ぶりに来日した。

4月18日の東京を皮切りに大阪、名古屋、北海道、福岡で行われた東急の無料コンサート 「サンバ・ボサノヴァ ナイト」では、渡辺香津美やEPO、城戸夕果らと共演。「無料」ということで集まってきたオッサン、オバハンの耳を楽しませてくれた。

トニーニョは休憩を挟んだ第2部に登場、「サッカーボール」「アケーラス・コイザス・トーダス」などの自作曲の他、ボサノヴァの名曲を演奏。「トラベシア」ではEPOが日本語詞、トニーニョがポルトガル語詞を歌うという演出も。曲間には、服部マコとトニーニョがサンバ楽器について解説するコーナーもあり、ブラジル音楽を初めて聴く人にも楽しめる内容だった。ただ、途中で渡辺香津美がサンバ、ボサノヴァを4拍子として説明してしまったり、「だんご3兄弟」のサンバ・バージョンを披露するなどの”暴走”も目にした。

そして、ゴールデンウィーク真只中の2000年、5月2日から5月6日までサバス東京において待望のトニーニョ・オルタのライブが大観衆によって迎えられた。.....と言いたいところだが、日によっては席にかなりの”ゆとり”があったのが少々残念だった。

今回は自身のバンド「オーケストラ・ファンタズマ」のメンバーの中から、ベースに「ユリ・ポポフ」、ドラムに「エスドラス(ネネン)フェヘイラ」を引き連れ、息のあった演奏を披露してくれた。トニーニョはアコースティック・フクオカ・ギターの他、ギターシンセも駆使して、ジョビンの「メヂタサオゥン」、彼のオリジナル「ピラー」「ヂアナ」「マノエル・オ・アウダス」「パラス・クリアンサス」やユリ・ポポフの曲「エラ・ソ・コメッソ・オ・ノッソ・フィン」などを約1時間強、聴かせてくれた。また、日によっては城戸夕果(フルート)、渡辺香津美(ギター)、松本トシアキ(ハーモニカ)、スティーブ・サックス(サックス)といった飛び入りゲストもあり、トニーニョの人望の厚さもうかがえた。

しかしながら、東急コンサートの道中で引いてしまった風邪の為、声が本調子でなかったのが惜しまれる。今回初めてトニーニョのライブを観た人は、この辺の部分を大幅に差し引いておいて欲しい。

ともあれ、久々の来日公演を充分に堪能する事が出来た。今回見逃した人、行かなかった人、行く気も無かった人も、次回は是非とも生で「ミナス」を感じてもらいたい。


サバス東京でのライブの後、トニーニョ・オルタ、ユリ・ポポフ、エスドラス(ネネン)フェヘイラにほんの少し話を聞かせてもらえた。しかしながら、時間と語学力の欠乏により、一問一答形式の超ショート・インタビューになってしまった事は容赦願いたい。

Q:日本は初めてですか?

ネネン:初めてだよ。とても綺麗ですね。

Q:何か日本食は食べましたか?

ネネン:お寿司を食べたよ。おいしいね!

Q:いつトニーニョと知り合ったのですか?

ユリ:25年以上前。僕がレナ(トニーニョの妹)と結婚する少し前です。

ネネン:僕は、20年前だね。

Q:今まで、どんな音楽が好きだったのですか?

トニーニョ:僕はクラシックが好きなんだ。

ユリ:カトペやコンガーダなどミナスのフォルクローレやジョビン、それにホベルト・カルロスです。

ネネン:僕はサンバやジャズ、フォルクローレ、それにミルトンやエルメートなどクリエイティブな音楽が好きなんだ。そうそう、もちろんジョビンもね。

Q:最近流行しているミナスの音楽は?

ユリ:スカンクやパト・フー、ジョタ・クエストが人気がありますね。

Q:ミナスの音楽はと他の都市の音楽の違いは何ですか?

ユリ:それは、ハーモニーとメロディーですね。

トニーニョ:ミナスは、1つの州に5つか6つの宗教があるんだ。そしてポルトガルやスペインなどのヨーロッパ文化の影響を受けている。また、大きな山などの地形、いろんな事が音楽に影響を与えているんだ。

Q:ダニロ・カイミやナナ・カイミなど、ミナス出身でない人との交流のきっかけは?

トニーニョ:リオでドリ・カイミと知り合ったのがきっかけで、ダニロやナナと親しくなっていたんだ。


トニーニョはこれからリオやイタリアなどでライブをしたりと、忙しい日々を送るようだ。

また近い将来、トニーニョの新譜やライブを聴いてみたい。(かわべ)