ALO,ALO,BRASIL
Que tal, Nordeste?

〜やさしい(?)ノルデスチ音楽入門編〜 第1回

Written by Q-Tchan

連載にあたって

 今回お話をいただいて、ノルデスチ(NORDESTE:北東部)音楽入門編と題して、連載をさせていただくのですが、いまいちマイナーなノルデスチ音楽のメジャー感アップをもくろんで、通常の入門編とは違ったゲリラ的手法で、この音楽への興味を高めてもらおうと思ってます。具体的に言うと、入門編につきもののノルデスチ音楽の概説(地理的・歴史的な背景など)的な形式ではなく、コラム的形式で縦横無尽にキーワードをちりばめてその都度触れていくようにしたいと思います。

 ノルデスチ音楽の概説については、専門書「ブラジリアン・ミュージック」や99年10月に発行されたフリーペーパー「MPB」などでしっかりまとめてあり、大変参考になりますのでぜひご参照ください。

ノルデスチ音楽へ誘い

 最近、日本のブラジル音楽ファンの間で、ノルデスチ音楽の話題に触れる機会が増えているようで、実際、数年前に比べてノルデスチものの輸入CDが身近に手に入りやすくなっている感があり、うれしいやら何とやら…まあ、比較的長くノルデスチファンの僕にとっては、おおむねいい傾向だななどと思っているわけです。

 ブラジル音楽というと、サンバ、ボサノヴァなどは、世界的にも一定のコマーシャリズムにのっているのですが、ノルデスチ音楽は、その手のものに無縁と言うわけではないものの、今一ノリが悪いようで、なかなか広く一般に認知されないのです。

 これには、それなりの理由があると思うのですが、私見によれば、まず民族音楽の中でも田舎の音楽であり、一聴しただけでは、単調で地味、刺激に欠ける感があるから、というのがもっともらしい理由かと思います。あまりキャッチーじゃないんですね。われわれ日本人には、さらに情報の少なさもあって、何だかよく分からないけどブラジルにはそんな音楽があることだけ知っておいて、それ以上どうこうしようとは思わない人が多いのではないでしょうか。

 でもでもでも! その単調で地味な表面と対照的に、その内側には、われわれの持ちえない素晴らしいものがたくさん隠れているんです! 歌詞作りの高度な技術と吟遊詩人の伝統とロマン、厳しい環境に生きる人々の情感と、懐かしさを感じさせる素朴な音楽性、多様で特徴的なリズム…。といってみたところで、所詮はマイナーな中での評価に終始してしまうのがオチなんですけど。

 だから無為に「ノルデスチ音楽を聞け」と叫ぶことをせず、とにかく何かに興味を持ってもらうためにいろいろな角度から視点を当てていこうと思います。

ノルデスチ音楽はMPBの強い味方!

 さて、ノルデスチ音楽というのは、ブラジル音楽シーンにおいては、あまり目立たないんですが結構重要な役割を担っています。困ったときのノルデスチ頼みといいましょうか、

こんな場合にノルデスチ音楽は活躍(暗躍?)するケースが多いのです。

(1)ブラジル音楽界の中心を担うサンバなどがブームの過渡期で、業界が疲弊しているとき。

   

リオやサンパウロでノルデスチブームが起こる(爆発的なブームではない)。

<検証>

(2)MPBのアーチストが、アルバムなどの一連の作品の中でカラーを変えるためのアクセントとして用いる場合。

   

アクセントとして利用できるほど個性の強い音楽である証し。

<検証>

(3)ノルデスチ音楽をルーツミュージックとして、しかし伝統的スタイルにこだわらない独自の音楽を追求してウリにしている場合

   

 理念を共有するアーチスト同志が同時期にイキのいい作品を発表し、マスコミなどを巻き込んでムーブメント(らしきもの)を形成することが多い。

<検証>

 ちょっとご都合主義的ではありますが、それでもここに挙げた検証は、まだまだ一端に過ぎません。ここには挙げませんでしたが、ショーロやボサノヴァとノルデスチ音楽との関係と言うのもあるのです。

 このように、ノルデスチ音楽というのは、他のブラジル音楽のジャンルの直接的なルーツではないものの、それらのルーツミュージック的な性格を持っており、それらと密接にかかわることによって、全体として現在のブラジル音楽の発展に寄与してきている存在であり、シーンの中で大きくクローズアップはされないが、非常に重要な位置を占めているのです。

次回予告

 さまざまなジャンルに影響を与えるノルデスチ音楽。そこには、ジャンルを超えて、各アーチストの心をとりこにするアイドルの存在が…。次回<アイドルを探せ>他、ご期待ください。


ノルデスチな一枚

マリネース(Marines):フォホー50周年<BMG Brasil>

 ノルデスチ音楽には、さまざまなリズムがあるのですが、一般的にそれらは一括してフォホーと呼ばれています。フォホーの女性歌手として、それ一筋に生きてきた女王の貫禄の、いやいや非常に味のある、あったかい優しさに包まれた珠玉の一枚。ここ数年に出たどフォホーアルバムの中では最高の出来。ノルデスチ系の豪華アーティストがお祝いゲスト参加もすごいことだが、何よりも60を過ぎて伸びやかな素晴らしい声。新旧とりまぜた良質の曲の数々と、息子のアレンジも素晴らしく全く飽きの来ないアルバム。入門盤としても最適なのでぜひとも聴いてほしいのですが、今日本で手に入るのでしょうか?

 見つけたら即ゲットですよ!